読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十転士起 金利が上がると?         成功するまでやる親父の日々

経済ニュースを見ていると

色々理解できないことがあります。

 

金利が上がると国債の価格が低下?

普通は金利が上昇すると国債価格も上昇しそうな

気がします・・・。

 

先日分かりやすい説明を聞きました。

こう言うことです。

金利が上昇始めるとこれからも金利が上昇

しそうだと判断する・・・。

そこで今持っている金利の安い国債を処分して

高い金利国債買い変えるそうです。

例:額面10万円-金利1%10年債で買った国債

売却して額面10万円-金利1.75%10年債に買い替えるために

額面10万円-金利1%国債を10万円より安い価格で

売り抜きたいと動くそうです。」

 

金利が上昇するということは「インフレ」を意味します。
インフレの場合、有利なのは「物」であり、

株式や商品先物が有利になります。


いっぽうで株と対極にある国債などの「債券」は

もっと値上がり利益が見込める株や商品先物

買い換える人が増えて値下がりしてしまいます。

 

それで金利が上昇する国債や「債券価格」の価格は下がる・・

 

現在日本はマイナス金利なので住宅ローンなど下がっています。

 

通常は預金・貸し金の利子あるいは利である金利(名目金利ということもある)が

マイナスになることはないが、超低金利時には短期金利が極めてまれに

瞬間的にマイナスになることもある。

 

だから今は国債や「債券価格」の価格が上昇・・・!

 

東証】 JGB日本国債先物(10年物) 

f:id:return11thdad:20160228181941p:plain